「何で」の読みは何?①

移動手段をきくとき、何て言う?

日本語教科書といえば“みんなの日本語”というくらい有名な教科書。
その教科書の第5課で「何で東京へ行きますか?」「新幹線で行きます。」という文型が登場するのですが、「何」のルビが「なん」と記載されているのです。

「なんで」と聞かれたら、理由を答えませんか?
母語話者は、この場合「なにで」と言いませんか?

この「なん」というルビ2文字が違和感しかなくて、教科書通り教えるのか、補足で母語話者は「なに」とも言いますと教えればいいのかなど、色々と悩みました。
周りの先生方にどう教えているのか尋ねてみたら、「教科書通り」という意見が多かったので、私もとりあえず教科書通り教えているのですが。

違和感。違和感。違和感。

もやもやするので、調べていきます。

 

 

疑問

①母語話者が使用していない言い方を教えるのか。

②言葉の変化は起きるものだが、現在のところ「なんで」が正しいとされている用法なのか。

 

以上2点の疑問について調べて行こうと思います。

 

 

現状把握

疑問①について-母語話者は「なにで」を使っている?

・母語話者は移動手段を問うとき「なにで」or「なんで」のどちらを使っているのか、20人程度の知人にきいたところ、全ての知人が「なにで」を使用していた。

・『日本語Q&A』(http://nhg.pro.tok2.com/reserch/reserch1-3.htm)というサイトでは、移移動手段を問うとき「なんで」か「なにで」のどちらを使うのかを105名にアンケートを行っており、その結果は約7割が「なにで」を使うと回答し、地域差もなかった。

 

疑問②について-辞書などはどんな用法が掲載されてる?

日本国語大辞典(小学館:2001)「なんで」は掲載されているが、「なにで」の掲載はない
広辞苑(岩波書店:2018)「なんで」は掲載されているが、「なにで」の掲載はない
大辞林(三省堂:2019)「なんで」は掲載されているが、「なにで」の掲載はない
日本語大辞典(講談社:1995)「なんで」は掲載されているが、「なにで」の掲載はない

すぐに調べられる辞書のみでの調査でしたが、「なにで」が掲載されていないのがわかりました。
そして、「なんで」の用法の中にも”手段・方法”の掲載はありませんでした。

 

教科書について

みんなの日本語(スリーエーネットワーク:2012)→第5課「何(なん)で 行きましたか。」
げんき(ジャパンタイムズ:2011)→第10課「うちから駅まで どうやって行きますか。」
つなぐにほんご初級 文法解説書(ヒューマンアカデミー日本語学校:2019)→第3課「なんで がっこうへ きますか」, 第18課「どうやって くうこうへ 行くんですか。」
Japanese for Busy PeopleⅠ (AJALT:2011)→第7課「なんで いきますか」, 第19課「スミスさんは どうやって かいしゃに いきますか。」
민나노 독학 일본어 공부(시사일본어사:2007)→第5課「何(なん)で 京都へ 行きますか」
入門日本語(アルク:2006)→第9課「何(なに)で はらいますか」

「なんで」を使用している教科書が多く、課をまたいで「どうやって」も学習する教科書もありました。
意志を伝えるだけならば「どうやって」を習得するだけでいいのですが、コミュニケーションの場で母語話者が「なにで」を使用している限り、どちらも習得したほうがいいと考えています。多用されていないことばなら別ですが。
入門日本語(アルク:2006)は“手段・方法”の用法で「何(なに)」が使われていたのですが、移動の手段を問う際はどうなんでしょう。また調べたいと思います。

 

まとめ

今回、身近にある情報でのみで現状把握しましたが、簡単には片付かない気がしてきました。
少しずつゆっくりですが、詳しく調べていきたいと思います。


  • 前の記事

    記事がありません

  • 次の記事
    NO IMAGE

    “貴方” 2021.04.10